トークンエコノミーの設計・研究開発

現在、多くの企業のおいて、ブロックチェーンに関する取り組みが開始されています。しかし、実証検証や実稼働といったフェーズを実施している割合はごく一部で、その多くはアイデアの検討会やワークショップといった初期検討フェーズにとどまっています。理由としては、ブロックチェーン技術が理解しづらく、その結果、実業務への適用可否が判断しづらいといったことが挙げられます。digglueでは、現在感覚的に構築されることが多いトークンエコノミーに関して、モデリングとシミュレーションに関する調査研究を実施しています。

ユーティリティトークンを用いたトークンエコノミーに関するモデリングの調査