digglueがブロックチェーンに取り組む理由

 

ブロックチェーンとは

 
ブロックチェーンとは、「デジタル上のデータの透明性を高めて、改ざんを限りなく難しくする技術」です。また、「情報を秘匿した状態で共有できる」「取引が存在したことを証明できる」「他のプラットフォームに拡張できる」といった特徴を持っています。

2009年に誕生したビットコインの基盤技術としてブロックチェーンは注目を集めました。10年以上が過ぎた現在、この技術をエンタープライズ領域で活用する動きが国内外で加速しています。ビットコインのように世界の誰もがアクセスできる「パブリックチェーン」ではなく、参加企業を許可制にして情報の公開範囲を制限できる「コンソーシアムチェーン」や「プライベートチェーン」の技術が発達してきたからです。

 

ブロックチェーンは「無駄だけどやらなきゃいけない作業」を圧縮できる

 
エンタープライズ領域でブロックチェーンが注目される理由は、組織をまたいだ情報共有を効率化できるからです。従来、組織をまたいで情報をやり取りする際には、次のような非効率が発生していました。

  1.  情報のやり取りに紙やPDFが使われ、転記や読替が必要
  2.  会社ごとにデータフォーマットが異なり、調整が必要
  3.  社内システムへの連携作業が必要

こうしたものは「無駄だけどやらなきゃいけない作業」として、非効率であると知りながら見過ごされてきました。それに対して、次のような仕組みが技術的に可能であれば、非効率は解消できます。

  1.  デジタル上で情報を秘匿しつつ共有できる仕組み
  2.  データを同じ形式でやり取りできる仕組み
  3.  社内システムと連携可能な仕組み

これらの理想的な仕組みを実現する技術として、ブロックチェーンを活用することができます。実際に、組織をまたいだ情報連携にブロックチェーンを活用する取り組みが国内外で増えていることもあり、「効率的な情報共有のインフラとしてブロックチェーンを業務変革に活用したい」という相談が、当社にも多く寄せられるようになりました。

digglueはブロックチェーンを「無駄だけどやらなきゃいけない作業」を圧縮できるテクノロジーと捉えています。

 

やりたい仕事に注力できる世界」を実現するためにブロックチェーンをつかう

 
私たちは「やりたい仕事に注力できる世界」をビジョンとして掲げています。本当にやりたいことを発掘し、その障壁となっている「無駄だけどやらなきゃいけない作業」を圧縮した先には、もっとやりたいことに注力できる世界が待っています。

ブロックチェーンはこの世界を実現できます。だから、digglueはブロックチェーンに注力しているのです。

 

Vision & Mission について

ブロックチェーンの仕組みについて一から学びたい方

ブロックチェーンの事例などについて詳しく知りたい方